Company

会社情報

─創意を以て明日を拓く

新しいメディアが次々に登場し、人々の価値観も多様化している現代。混沌とした情報があふれる世の中で、「地域」と「人」により密着したコミュニケーションの手法が必要となってきています。JR九州エージェンシーは、JR九州のハウスエージェンシーとして、マーケティングからメディア計画・クリエイティブまで、コミュニケーションプランを総合的に提案していきます。

会社概要

社名 JR九州エージェンシー株式会社
設立 1988年3月
資本金 3,000万円
本社所在地 〒812-0011 
福岡市博多区博多駅前3-2-1 日本生命博多駅前ビル3F
TEL:092-481-5890 / FAX:092-481-5891
従業員数 107名(2018年4月現在)
売上高 59億9,000万円
(2017年度)
株主 九州旅客鉄道株式会社
役員
  • 代表取締役社長
    小濵 和彦
  • 取締役
    • 古後 彰史
    • 永芳 あかね
    • 北島 剛明
    • 池田 裕記
    • 古宮 洋二
    • 赤木 由美
  • 監査役
    大神 健二
事業内容
  • 交通・テレビ・ラジオ・新聞・雑誌等の各種広告の取扱い
  • 各種プロモーションに係る業務
  • 広告宣伝及びセールスプロモーションに関する企画・立案並びに制作
  • 各種イベント・展示会等の企画・立案・実施
  • インターネット関連の企画・制作および運営・管理
  • CI・VI戦略の立案・実施
  • JR九州顧客管理業務委託

ネットワーク

本社
〒812-0011 福岡市博多区博多駅前3-2-1 日本生命博多駅前ビル3F
TEL:092-481-5890 / FAX:092-481-5891
北九州支店 〒802-0001
北九州市小倉北区浅野1-1-2
新幹線小倉駅高架下3階
TEL:093-513-6967
/ FAX:093-513-6968
長崎支店 〒850-0058
長崎市尾上町1-89
JR九州長崎駅2F
TEL:095-826-3781
/ FAX:095-826-3782
大分支店 〒870-0822
大分市大道町1-5-6
TEL:097-532-7926
/ FAX:097-532-7932
熊本支店 〒860-0047
熊本市西区春日三丁目15番45号104号室
TEL:096-359-7918
/ FAX:096-359-7928
鹿児島支店 〒890-0045
鹿児島市武1-1-1
鹿児島無線中継所内
TEL:099-250-4974
/ FAX:099-250-4975

沿革

  • 1988/3
    「ジェイアール九州アド・サービス株式会社」設立
  • 1988/6
    旅のライブ情報誌「Please」創刊
  • 1989/4
    大分・熊本・鹿児島に営業所開設
  • 1991/4
    社名を「株式会社ジェイアール九州エージェンシー」に変更
  • 1998/10
    「博多駅GIGA」JR九州から移管
  • 2001/3
    北九州営業所開設
  • 2002/4
    長崎営業所開設
  • 2004/4
    本社移転
    「カスタマーズセンター事務局」JR九州から移管
  • 2006/1
    企業理念/A-Spiritの策定
  • 2007/3
    博多駅改装のため「博多駅GIGA」営業終了
  • 2008/3
    組織改正に伴い営業所を支店に変更
  • 2008/4
    指定管理業務(九州鉄道記念館)を受託開始
  • 2012/6
    社名を「JR九州エージェンシー株式会社」に変更
  • 2013/1
    JR博多駅電照広告50面を60インチ デジタルサイネージに改良
  • 2013/4
    指定管理業務(九州芸文館)を受託開始
  • 2015/9
    「アイスクリーム博覧会(あいぱく2015)」初開催
  • 2016/2
    「チョコレート博覧会(ちょこぱく2016)」初開催
  • 2016/3
    「JR九州アプリ」サービス開始
  • 2016/4
    「鹿児島AMU VISION」 導入(300インチ大型LEDビジョン)
  • 2017/4
    「JR博多シティビジョン」導入(300インチ大型LEDビジョン)
  • 2017/11
    JR博多駅60インチ デジタルサイネージ50面を70インチ デジタルサイネージ64面に改良
  • 2018/4
    「FINE-VISION J!」運営開始(約330インチ大型有機EL)
  • 2018/4
    「九州フィギュアみやげ」発売開始
  • 2018/7
    「映画ビジネス」開始