Works

  • 交通メディア
  • マスメディア
  • デジタルソリューション
  • イベントプロモーション
  • コンテンツ
  • クリエイティブ
  • グラフィック
  • 企画
  • CM
  • EVENT

久大本線 ぜんぶつながるプロジェクト

久大本線 ぜんぶつながるプロジェクトの画像
Client
新幹線活用久大本線活性化協議会・大分県・JR九州
Background
制作の経緯

『平成29年7月九州北部豪雨』の影響により一部区間が不通となっていた、福岡と大分をつなぐ久大本線の全線復旧の告知です。

Idea
提案

久大本線は、2012年にも豪雨で被災した地域であったため、『同じような災害が2度と起きないでほしい』という願いを込めて空に飛ばす「風船」を企画のモチーフにしました。

第1弾のグラフィックは、全線復旧日の告知を中心に、久大本線を走るシンボルの列車である「ゆふいんの森」の緑豊かな写真を起用し、第2弾のグラフィックは、運転再開当日の沿線のみなさまの実際の写真を起用しています。当日は豪雨からの復興を象徴するかのような快晴であったため、「雨のち、ハレ。」のコピーにしました。

第1弾グラフィック

第1弾グラフィック

第2弾グラフィック

第2弾グラフィック

ムービーは運転再開当日の沿線で行われた風船リリースの様子を中心に構成しており、1万人近い沿線のみなさまにご参加いただきました。「風船」には、ウェブで募集した、久大本線の復旧を待ち望んでいた方々、九州北部豪雨からの復興を応援する方々からの様々な想いを込めたメッセージが印字されております。

グラフィック、ムービーに映る沿線のみなさまの喜びの様子が、上を向く姿が、多くの方の勇気に“つながる”ことを祈って制作いたしました。

▼スペシャルサイト
http://kyudai-line.com/

Result
結果

展開後には、「JR九州のCMは沿線の住民が映っているところが好き」「すごく感動する」など好意的な意見がSNSにあがっており、多くのインターネットメディアを中心に、テレビや新聞などのメディアへの露出も獲得しています。

JR九州 久大本線、豪雨からの全線復旧の瞬間を収めたWebムービーを公開 ― AdverTimes(アドタイ)